姉はヤンママ授乳中in熱海の感想4話 ちょっと♡そのチンポをこすりつけるなって♡

こんばんわ♪
姉はヤンママ授乳中in熱海の4話(実家編を含めて15話)の感想を書きたいと思います♡
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

熱海編4話の感想

100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用
タクが姉ちゃんのおっぱいをゴクゴク

しながら手コキするとは、男なら

嬉しいすぎる出来事ですね。

 

タクは姉ちゃんの巨乳を吸って

いる時は、まるで赤ちゃんのよう♡

 

姉ちゃんの手コキ上手い♡

姉ちゃんのミルクが美味しくて

下からは俺のミルクを姉ちゃんに

プレゼントしたい気分だ♡

 

アイカは私の身体はオ〇ホじゃない

とか言っておきながら、チ〇ポを

しこしこしてあげるのは優しい♡

癒される♡大好き♡ごくごく♡ゴク♡
100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用

アイカと拓也にこんなエッチなストーリーがあったらいいな

100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用
私(アイカ)はダンナと運良く違うグループの

会社に入ったことでタクと一緒に

生活したいと考えるようになった♡

 

どうやって私の秘密を知ったのか

知らないが、○学卒業以来の同級生の

男の子が家に尋ねてきた。

私はダンナと結婚しているのに、

何で私の家が分かったのかも不思議な感じ。

 

私は、男の子が好印象な感じだったので、

私の両親に男の子を紹介したら、

その男の子も私のことを両親に紹介された。

 

私はダンナじゃなくてタクに妊娠させて

とお願いしたので、いつの日かタクの

子供を私の収入だけで生活をしたかった。

 

でも、私はダンナと別れないのでタクは

同じ会社の女性と気が合い、その女性は

タクのチ○ポの上に乗って、激しく腰を

振り、何度も中出しさせていたようだ。

 

しかし、タクに後から聞いてみると、

俺がセ○クスを本当にしたいのは

姉ちゃんだと言って、私は内心嬉しかった♡

 

私も実を言うと、ダンナよりもタクの

ち○ぽの方が大好きだ♡

私はタクの嫁がいない間に、タクの

新居の家を訪れ、私はタクの好きな

パイ○リをしてあげた♡

 

タクは、私のパ○ズリがそんなに好き

なのか、れろれろする前に、顔射され、

タクの表情を見ると嬉しそうだった♡

 

タクは嫁とはSEXはしているが、

子作り目的ではなくて、嫁がいつも

タクのパンツを下ろして、嫁がHしたい

だけだという。

 

そのようなことを聞いて、私は

久しぶりに、タクに気持ちのいい

中出しをさせるために、私のトロトロ

おま○こをみせてあげた♡

 

みるみるうちにタクのチ○ポは

ギンギンになっていた♡

 

私はタクのち○ぽを早くおま〇こに

入れて♡

と言うと、俺も姉ちゃんのおま〇こに

肉棒を入れたいと言って、2人同時に

共感し合った♡

 

私はタクの精〇が空っぽになるまで

中出しセ〇クスを楽しんだ♡

やっぱり私はタクとの性生活が一番♡

 

その日は、運がいいことに、タクの嫁は、

実家に戻ったそうなので、一晩中、

タクと裸で一緒に過ごした♡

 

私もダンナに用事ができたと言って、

タクと一緒にいることを誤魔化した♡

私はあの熱海でアオカンをした時の

ように戻りたい♡

俺もあの時のように戻りたい♡
100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用